2003年6月14日〔土〕≪曇り・・(霧)≫

スーパー耐久シリーズ Rd.3 富士 SUPER TEC●

さて。昨日に引き続き今日も富士スピードウェイに登場!!!

じゃ〜〜ん作ってきましたよ。REDLINEベルノ東海インテグラ!!!レース中はこいつが身代わりになってくれるから、もうトラブルは起きないぞ!!!(しかしステッカーは2002年仕様なんだよね ^_^;)

さて、ラジコン片手に、ピットに到着!!!あ〜〜、REDLINEインテグラ直ってる〜〜、ちゃんとリアウィングもついてる〜〜!

と渡辺さん登場・・・

でるちゃん
『渡辺さんおはようございま〜す。』
渡辺さん

『おっ、来るの早いなぁ〜』

でるちゃん
『見てみて、これ作ってきました、もうこれでぜ〜〜んぶこっちが身代わりになってくれますからトラブルは起きないですよ!!』
渡辺さん

『そうだといいな・・』

ピット内は、もうすぐ車検のためメカさんは懸命に作業をしている。そのうちにオフィシャルがタイヤマーキングのためにピットに訪れた。

タイヤマーキングは2種類のマーキングがあってそれぞれのマーキング色には使用規則があるらしい。

その後、メカさんたちがマーキングされたタイヤを車につけ車検に備えていた。

と、そこへDUNLOP軍団が・・・なんでもタイヤにカラーリング?(DUNLOPとかの文字をタイヤにスプレーするのだ。。)をしに来たんだそうだ。しかし、、ほとんどのタイヤにはカラーリングがしてあったのだが。。。外してある数本を除いて、カラーリングが行われていないのは、すでにマシンに装着してあるタイヤだった。。。

DUNLOPさんが、、どうやって塗ろうと悩んだしぐさをしていると。。

渡辺さん

『マシンを黄色く塗るなよ〜。』

と渡辺さんにいわれてしまったので。。『すみません、タイヤを外してもらえないでしょうか・・・』と、もう一度タイヤをはずすことになってしまった。。

メカさん達からしきりに『もう少し早く来てくださいよ〜』といわれる中、とても申し訳なさそうにDUNLOPの人たちはカラーリングをしていった。

そして、まもなく車検の時間が迫ってきていたので、、マシンはメカさんたちを乗せ車検場に向かった。

メカさん

『でるちゃん、ちゃんと身代わりも車検受けてこないと効き目ないぞ!』

そうか、そうだよね。。。こっちも車検受けないと。。。ということで急いで車検場に向かった。

そして何の問題もなく車検が終了し、再びピットに戻る。

ピットに戻るとメカさんが、、なにやら作業をしている。何かを懸命にドライヤーで乾かしているようだ・・・

違うメカさん達は1回目の予選に備えガソリンを給油したり、ホイールを磨いていたりしている。

そんな中、渡辺さんはDUNLOPさんと打ち合わせをしていた。

さて、そろそろ予選開始の時間ですよ〜〜、メカさんたちが最終作業に入っていく。


1回目の公式予選!

1回目の公式予選は、ドライバーの決勝出場を決めるための予選ということで、、特に予選順位を決めるわけではないらしい。。

まずは、菊地選手がマシンに乗り込んだ。

それでは、ピットの上に上って撮影しようかな・・・・菊地選手のタイムは、6周目に出した1'44.992がベストタイムとなった。

そして、メカさんがサインガードからピットに移動してきたので。。きっと渡辺さんに交代するのだろう。それに合わせて私もピットに降りていく。

渡辺さんがコースに出て行った。タイムは、4周目にだした 1'45.364がベストタイムとなった。

予選終了後はメカさんたちによる整備が始まっていた。

そんな中で、菊地選手と渡辺さんはセッティングの打ち合わせをしていた。


2回目の公式予選

2回目の公式予選は、決勝のスターティンググリッドを決める予選です。今回はお天気も悪かったりといまいち走行写真も撮れていなかったので写真撮りの旅に出ようかなっと・・・・でも、先ほどまではお天気も何とかもっていたのだけどなんだか黒い雲が広がってきて雨でも降ってきそう・・・・

今日は、朝は雨が降りそうな天気ではなかったから車に傘を置いてきちゃったんだよね・・

撮影の旅は先日のGTの時に発見した100R?の外側に行ってみようかと思ったんだけど、雨が降っても雨宿りする場所がないから・・・

と、ピットを見ると1本のDUNLOP傘が・・借りても平気かなぁっということで。渡辺さんにお伺いを・・・

でるちゃん
『渡辺さん、この後の予選のとき撮影のたびに出ようと思うんですけど・・・カサ借りていってもいいですか?』
渡辺さん

『いいよ。』

わ〜い、ということで渡辺さんにカサを借りてFUKUDAさんと共に旅に発つ。。。

Bブロック駐車場を抜け、サントリーコーナーに抜け、、トンネルをくぐってコースの外側に行くと・・・・

〜〜〜〜〜〜関係者以外進入禁止〜〜〜〜〜〜

が〜〜〜ん、、、そんなぁ・・・

そうなんです、富士の改修工事のため立ち入ることが出来なくなっていたのです。しかたがないので、、1コーナーの外側にいくことにした。

予選が開始され、、菊地選手の走行。。1'43.930のタイムで、クラス4ポールポジションのタイムをたたきだした。


デモラン?

明日のイベントに備えてなのか??ストレート上では、2台の車によるデモランが行われていた。。。


クラス会??

ところで、スポーツi-ESPNで放送されている、Super耐久の番組内の企画で毎回各クラスのチーム紹介を行っているらしく今回はクラス4の番なんだそうだ!!!

そこで今日の夕方6:00から、ストレートのコース上にマシンを並べて、Super耐久クラス会なんていう企画で撮影があるということだった。

ちゅうわけで、、、10号車を一生懸命ワックスをかけて磨き上げていた。。しばらくすると放送スタッフの方がピットに来ていた。メカさんたちと話をしているようだったけど気にすることもなく車磨きに集中!!!そんな時メカさんから声がかかる。

メカさん

『でるちゃん!でるちゃんが一生懸命磨いているのが無駄になっちゃったよ!!』

でるちゃん
『え??なんでですか??』
メカさん

『天気悪くなってきたからマシンは無しで撮影するんだってさ。。』

撮影スタッフさん
『雨も降ってきちゃったので、、ドライバーの皆さんだけ6番ルーム(だったかな?)に集まってもらって撮影することにしたんです。』
メカさん

『そうなんだ〜、残念ですね。でも明日のスターティンググリッドに並べるためにもきれいにしておきます〜〜』

というわけで、、、メカさんたちは撮影が予定されていたため整備作業を中断していたのだがマシン撮影が中になったので明日に備えての最終整備に入っていった。

私は、マシンを磨き終わった後、明日に備えて帰路についた・・

決勝日に続く!!

でるちゃんの内緒話INDEXへ

 
(C) Copyright 2001-2004 でるちゃん All right reserved