2003年6月13日〔金〕≪雨・・≫

スーパー耐久シリーズ Rd.3 富士 SUPER TEC●

今回は、サーキットが富士ということもあり、金曜からの観戦となりました。(インターだったら木曜から行く勢いなんだけどね〜)

ただ今回は7月にセパンの振替で富士のGTが控えているので・・・経費?(交通費ね!)節約のため東名高速は厚木インターで乗って大井松田で降りる作戦(なのか?)でいきま〜〜す!(いつもだと横浜町田←→御殿場なので、、今回のルートでは高速料金は約半額になるんだもん!しかも軽だから普通よりはちょこっと安いし。

金曜は、あまり遅い時間の出発になると通勤渋滞になるのでちょっと早め時間に出発!!(しっかりだんな様のお弁当は作りましたよ〜〜(^.^))

そして順調に渋滞も無くFISCOに到着!!

が、、天気は雨・・・幸いにも金曜日で時間も早いって事から、スタンド裏の駐車場付近には警備員さんがいない!!チャンスとばかりにちょこっと路駐させてもらい横断幕を張りに行く。

今回のレース中はきっと雨になるだろうと思ったので一昨日、、アイロンフェルトの部分を再度しっかりと貼り付けてきたのだ。いつもの様に旗を張る場所はもちろん渡辺さんのピットの前!!てけてけてけと。。。42番ピットの前に行く。おっ!もうシャッターが開いて作業をしているぞ!!

お〜〜いとばかりに手を振ると、スタッフの人も気づいて手を振ってくれた!そして雨の中傘を差しながら、、なんとか旗を張り終え。。。ピットに向かった。

ピットに着くと、すでにメカさんたちは1回目の練習走行(9:40〜10:40)の準備をはじめていた。

でも渡辺さんいないなぁと周りを見渡していると、パドックのほうから渡辺さんが歩いてきた。

でるちゃん
『渡辺さんおはようございます。』
渡辺さん

『おはよう、今日は一人か??』

でるちゃん
『一人です、今回は日曜も一人なんです、来週の日曜に富士で走行会があるのでだんなは車の整備をしたいって言うんで日曜も来ないんです。』
渡辺さん

『そうか』

でるちゃん
『ところで調子はどうですか??』
渡辺さん

『だめだね、昨日もトラブルでたんだよ。ガスが来なくなっちゃってさ。。』

でるちゃん
『げ、そうなんですか?実はこの間、もてぎでメカさんと話してたんですよ。ラジエーターで水道止められて。。バッテリーで電気止められて。。つぎはガスか電話(無線)かなぁって。。』

が〜〜〜ん、、茂木で言ってたことが本当になるなんて・・・・その後メカさんともお話を・・・

でるちゃん
『おはようございます。渡辺さんに聞いたんですけど、昨日ガス止められちゃったんですって?』
メカさん

『そうなんだよ、でるちゃん、ちゃんとガス料金払ってる?』

でるちゃん
『茂木の後十分すぎるほど銀行にお金入れておいたんですけど。。だめだったんですか??』
メカさん

『うちも昨日急いで払いに行ったよ〜〜。』

う〜〜〜、水道・電気・ガスときたら後は残す電話か???

と、、他のメカさんにおいでと呼ばれる。。

メカさんについてマシンのほうに行く。。。メカさんが運転席のドアの部分を指して、、見てみると。。。おっ!!ドアのところに必勝お守りがしっかりついてるぞ〜〜。。うれしい(^.^)

これで今日もばっちりだ!!!!!


まもなく1回目の練習走行!

先ほどまで降っていた雨は上がって、それからしばらくたっていたのでコース上も少し渇き気味なのかなぁ??メカさんと渡辺さんは走行に使うタイヤの打ち合わせをしていた。

と、そんなこんなで練習走行時間が。。。渡辺さんが走行の準備をはじめたので私も撮影のためヘアピンへ移動!!

いつものヘアピンの撮影場所に着く。。ここにはなぜかひとつだけU字溝がおいてあるんだよね。。幸いそれも乾いていたので椅子代わりに座ることに・・・

〜〜〜〜〜〜走行開始〜〜〜〜〜〜

S耐のマシンがぞくぞくと走行を開始する。あっ!渡辺さん来た〜〜。雨が降ってきたらカメラでの撮影は難しいから今のうちに激写!激写!!

と、、しばらくするとコース上に赤旗が提示される、、、天気はいまいち安定せず降ったりやんだりと。。。

その後、赤旗は解除され再び走行開始、、さらに数周撮影の後、、『そろそろ30分くらい立つから菊地さんと交代かなぁ』っと思いピットに戻ることに。。。

ピットの戻ると。。。あれ?車が無い。でも渡辺さんいるよなぁ??と、メカさんたちがマシンを押して戻ってきた。????どうしちゃったのかなあ。。と見ていると、ピットには一台のエンジンが運ばれてくた。もしかして???と不安になり、メカさんに何事が起きたか聞くと『エンジンが逝っちゃった』らしい。

げ〜〜、ガス止められるなんて問題じゃなく。。。エンジン逝っちゃったら、、だめじゃないですか〜。

その後は、メカさんたちの必死の作業でエンジンの乗せかえ作業が行われていた。2回目の走行開始まで約2時間半くらい。

ドライバーさんたちが見守る中次々と部品がはずされていく。。。

予備のエンジンに乗せ掛けが完了し、いよいよエンジンがかかるのか??渡辺さんが厳しい表情で作業を見守っている・・・・

結局2回目の走行開始時間には間に合わず、、最後のほうに数周しか走ることは出来なかった。

さらにその数周も水温上昇に悩まされていた。。

そして、メカさんたちは3回目最後の走行に向けて、整備をしていく。結局先ほどのエンジンブローの際にエンジン関連の破片がラジエーターに当たった際に、穴があいてしまったらしく、ラジエーターを交換することとなった。


本日最後の練習走行!

3回目の走行は、10分ほど遅れて開始され、先ほどからほとんど乗れていない菊地選手からの走行となった。

走行は順調に進み途中ピットイン、フロントタイヤのみ新品タイヤに交換された。

タイヤ交換を終えて菊地選手が再びコースに戻っていった。と、渡辺さんが無線で話している時、突然表情が変わった。

横で聞いていると『どこだ?』『前後か?』『体は平気か?』などという言葉が・・・・  !!!げげ、もしかして、クラッシュ???!!

みんな、すかさずモニターの前に移動!!!無線で話している渡辺さんの言葉を元に、、モニターの画面が切り替わるのを待つ。。

渡辺さん

『どこだ??300R??』

みんなして、、『次くらいか??』

とモニターの画面が切り替わる。。するとそこにはクラッシュしてフロントバンパーが外れて、無残な姿のREDLINEインテグラが・・・

その瞬間みんなの口から『あ〜〜〜〜〜〜〜!!』って言う声が。

しきりにみんなは、画面を見ながら破損状況がどのくらいか話をしている。

渡辺さん

『あれほど新品だから慎重に行けよって言ったのに・・・』

と、、渡辺さんがみんなに向かって話し出す。。。

渡辺さん

『しかし、絶対おかしいぞ。。うちだけこれだけトラブル続きというのは・・何かあるぞ!』

そうなんだよ〜〜、昨年の最終戦から。。ず〜〜っとトラブル続きで、、、なんか呪われているみたいに絶対何かが起こってる。

だから、、、私はお祓いはいけなかったけど、社員旅行で榛名神社に行ったから、よ〜〜くお祈りして必勝お守りを買ってきたのだ!!先日のもてぎで渡辺さんにお守りは渡しておいたから運転席のドアのところに張ってくれてたんだけど・・・効き目なかったのかなぁ、やっぱ必勝お守りと一緒に悪霊退散!とか厄払いのお札か何か買ってきたほうが良かったかなぁ・・・・

その後モニターを見ていると、マシンは回収作業に入りレッカー車にて運ばれてくる。その間、渡辺さんはメディカルセンターに運ばれていった菊地さんを迎えに行った。

そして、、、ピットには泥まみれになったREDLINEインテグラが戻ってきた。。フロントバンパーは壊れて外れていて、エアロウィングの羽はもげていた。。。

ひとまず、泥まみれのままジャッキアップし、メカさんたちが、マシンのダメージを確認する。幸いにも、大きなダメージは無さそうで、破損したパーツを交換するだけでいけそうという事だった。

しかしフロントバンパーは、予備があるがエアロウィングは予備がない。。そのためファニーのガレージにあるノーマル形状のエアロを持ってくるように手配を行っていた。

作業が一段楽した後、メカさんたちは遅い昼ご飯で、交代でお弁当を食べていた。その間、私はサイドステップを近くの洗い場に持っていき泥を洗い流していた。

すると通りすがりの他のチームの人が『ドライバーに洗わせればいいんだよ!』などと声を掛けられていく・・・

サイドステップも洗い終わり、ピットに戻り、余ってるというので私もお弁当をいただいていたら、菊地選手が話し掛けてきた。

菊地さん

『でるちゃんごめんね〜〜・・』・・・・しばらくの間の後、『そういえばでるちゃんって戸山君の妹なんだってね〜、俺知らなかったよ〜』

でるちゃん
『結婚して苗字も変わってるし、それにサーキットではでるちゃん』だからはわかんないですよね〜 言おうかなって思ってたんですけどね、、いつもトラブル起きちゃてわさわさしちゃってたから。』
菊地さん

『俺も全然わかんなくて。。この間、JOY耐の車両見たら『おっ!これ戸山君の車じゃん!』とか思って・・そしたら『でるちゃんは戸山君の妹なんだよ』って言われてさ。』

『俺、戸山君とは仲良かったんだよ〜。』

でるちゃん
『昨日、兄ちゃんと菊地さんの話になって。。『俺のこと覚えてるかなぁ??』って言ってましたよ。』
菊地さん

『もちろん覚えてるよ〜』

と、、話し終わりしばらくすると菊地選手はリヤバンパーを洗い出した。

私もお弁当を食べ終わったので、みなさんがマシンを洗っているところに行ってみた。

メカさんたちはマシンを裏の水道のところまで移動し、高圧洗浄器(っていうのかな?)で泥を落としていく。外観の汚れはすぐに落ちていくが、、下回りの泥は奥のほうに入り込んでいたりするのもありなかなか落ちない。

降りしきる雨の中、渡辺さんや菊地さんも見守る中、一生懸命メカさんたちは汚れを落としていく。一通り汚れを落とし終わった後、渡辺さんがピットにマシンを運んでいく。

菊地さんは渡辺さんに『ヤス!中は責任もってきれいにしておけよ』といわれたので、一生懸命汚れを落としていた。

メカさんたちは、明日の予選に備えて再度マシンの破損チェックと整備を行っている。しかし、先ほどあれだけ念入りに汚れを落としたのに、まだ細かい部分の汚れが残っているのか。。。何かをはずしたりするたびに泥水が落ちてくる。

さすがに整備のお手伝いは出来ないのでボディの水滴を吹き上げるのをお手伝いすることに・・・・

ふと、エアロウィングの、、、、ウィングがなくなっているのを見て思い出した。。うちにあるREDLINEラジコン・・そういえばこれと同じような状況でウィングの羽がない状態で終わってるよなぁ。。。

でるちゃん
『今日のクラッシュはもしかして私のせい??だってうちのラジコンウィングなしで止まってるから。。。まさしくこの状態なんですよ!!だからこっちもウィングなくなったのかなぁ〜〜』
メカさん

『そうか、でるちゃんの性だったのか〜〜〜〜!!だめだよ〜〜〜、ちゃんとウィングつけておかなきゃ〜〜〜〜』

でるちゃん
『すみませ〜〜〜ん。ごめんなさい。。』

よし、今日は帰ったら速攻ラジコンを完成させて、、予選決勝でトラブルが起きないように身代わりになってもらおう!!

というわけで、また明日!!

予選日に続く・・・

でるちゃんの内緒話INDEXへ

 
(C) Copyright 2001-2004 でるちゃん All right reserved