2002年12月14日〔土〕≪晴れ・・≫

ホンダベルノ東海走行会●

今日は、レースではないんですが、、ず〜〜っと楽しみにしていたベルノ東海の走行会。

って言っても、走行会に参加するわけではないんですが・・・・

じゃあ、何で行くの?

それは・・・もしかしたら渡辺さんの同乗で鈴鹿フルコースを走れるかもしれない〜〜〜。ってことなんです。

幸い、だんなもちょうど現場の切り替えでお休みになったので、一緒に行く事になりました。

今回はレースと違って朝早く着く必要は無かったので少しはゆっくり出発できるかな??

でもあんまり日が出てからの出発だと車が多くなるので、朝5時ころ出発する事に・・・・

だんなは夕飯を食べた後、すぐにご就寝。私は高橋さんと渡辺さんへのお土産のラジコンの最後の仕上げをして就寝。

そして、5時半出発。。。東名横浜町田インターより鈴鹿サーキットを目指す。

・・・・・・まもなく鈴鹿サーキットに到着。さてどっから入ればいいんだろう?でもピットの方に行くんだからいつもレースのときに入っている入り口だよなぁ・・・

でも、走行会の申込書なども無いし。。なんていえばいいのかなぁ・・

とりあえず行ってみよう!!

入り口を入ると警備員のおじさんが出てきた。

でるちゃん
『ベルノ東海の走行会に来たんですけど・・・』
警備員

『そうですか、それではどうぞ〜〜』

なんなくゲートをパスし、つぎは何処に向かえば・・・

と目の前に『ベルノ東海走行会集合場所(だったかな?)』と目印が表示してある。

その目印に導かれるように進む。

集合場所に到着。

・・・・意外ともういっぱい来ている。さすがにホンダ車ばかり・・・・しかも横浜ナンバーなんいやしない(あたりまえじゃ!!)

午前中は2輪のスポーツ走行があるみたいで、半分くらいは2輪の人たちでしめている。

走行会の人たちの邪魔にならないように隅のほうへ止めてしばらく仮眠を取る事に・・・・

そして、しばらくしてピットの方に歩いていくと、走ってくる車の中に見覚えのあるスタッフの方が乗っていた。

手を振るとスタッフの人も気がついてくれて・・・

スタッフさん

『おはよう!来たんだね〜』

でるちゃん
『おはようございます〜』
スタッフさん

『まだ誰も来てないのかなぁ?』

でるちゃん

『結構さっきまでインテグラとか停まってたんですけど、みんないなくなっちゃったんですよね・・』

『ところでラジコン持ってきたんですけど見ます?』

スタッフさん

『見る、見る』

ひとまず車に戻りラジコンを持ってくる。

スタッフさん

『すごい完成してる〜』

でるちゃん
『はい、ロゴのデータとかももらいましたから。がんばって作ってきましたよ。屋根のアメリカンレーシングの旗とかついているだけでも形になりますよね。』

その後、数人スタッフの方が集まってきて、みんなでラジコンの話題で盛り上がった。

そして、その後は前日の忘年会の話になった。

スタッフさん

『昨日渡辺さん1人でカラオケ歌ってたんだよ〜1次会は普通のお店でやったんだけど、2次会は場所がカラオケボックスってだけで話をしようって事だったんだけどね。』

『入ったとたん、もう渡辺さんがどんどん曲をいれていくんだもん。渡辺さんの演歌大会になってたよ。』

『しかも歌ってる曲が聞いたことないんだよね〜〜』

『でも渡辺さんたち昨日結構飲んでたからまだまだ来ないと思うよ〜』

などといろんな事を教えてくれた。いいなぁ〜〜私も渡辺さんのカラオケ聞きたかったなぁ〜!!


渡辺さん登場!

徐々にスタッフの方も集まりだして、走行会の準備を始めている。そんな中うろちょろしていてもお邪魔だろうから車の中に乗っていた。

そんな時に一台のBMWが。。きっと渡辺さんだ〜〜と思い、車を目で追って見る。やっぱし渡辺さんだ〜〜。

車が止まったのを確認し、すかさず渡辺さんの元へ・・

運転席の窓をこんこんと叩いたら渡辺さんが窓を開けてくれた。。。

でるちゃん
『おはようございます』
渡辺さん

『おはよう、よくきたね。横乗っていいからね』

でるちゃん
『はい、楽しみにしています』
渡辺さん

『今日は何の車で来たんだ?』

でるちゃん

『だんなのインプレッサです。あっちにとめてあるんですけど』

渡辺さん

『じゃあ平気だな。』

ピットの方を見て『なんだガイトの車持ってきたんだなぁ』

でるちゃん

『本当だ、そういえばあの車そうですよね。』

『ところで今日は高橋さんも来るんですよね』

渡辺さん

『どうだろう。。二日酔いだったら来ないかもよ。でも乗るなら来ると思うけど。』

でるちゃん
『そうなんですか・・』
渡辺さん

『じゃあ車とめちゃうから・・』

でるちゃん
『は〜い、それではまた後で。。』
渡辺さん

『はい、後でね。』


ラジコンカープレゼント

さて、今回は高橋さんと渡辺さんにお土産として、ラジコンカーを作ってきた。

できれば2人一緒に居るときに渡したいなぁと思ってたんだけど、渡辺さんしかいなさそうなので、、まずは渡辺さんから渡そうかな??と車にラジコンをとりにいった。

そしてピットの方に向かうと。。車の陰に高橋さんを見かけたような・・・・あっ!高橋さん発見!!

じゃあ、高橋さんのも持ってこないと!!

再び車にラジコンを取りに行く。

さらに再びピットの方に向かうと。。げげ、走行会のミーティングが始まってしまった。がび〜〜ん、これじゃあ渡せないや。

じゃあ、ミーティングが終わるまで西垣内さんのインテグラの写真でも取りにいくか。

FUKUDAさんが、西垣内さんのインテグラのラジコンを作りたいといっていたけど資料写真が全然な〜〜い、っていってたから。。。

ひとまず一通り撮影をする。

そんなことをしているうちに、ミーティングも終了したみたい。

渡辺さんたちがいるピットの方にいってみると、う〜〜ん渡辺さんも高橋さんも一緒にいるんだけど、道上さんと一緒に真剣に話をしている。。

う〜〜ん渡しに行きたいけどお話のお邪魔したらまずいよなぁ〜〜とピットの端でうろうろしていたら。。

高橋さんがこっちに気づいてくれて。にこっと笑顔でおいでおいでをしてくれた。

そのおいでおいでの手につられていくように、みんなの入るところに駆け寄っていった。

でるちゃん
『こんにちわ!はい、こっちは高橋さんに・・・こっちは渡辺さんにプレゼントです!!』
高橋さん

『ありがとう。』

渡辺さん

『ありがとう。』

道上さん

『すごいですね〜』

高橋さん

『おまえのマシン。。剥がして作ったんだぞ。あっこれは違うか、レイブリックだもんな。』

でるちゃん
『無限NSXは来年のマシン用に買ってありますが。。』
高橋さん

『でもお前こういうの好きだろ、なんかのテレビでラジコンのレースやってただろ?』

道上さん

『ええ、でももっと大きいんですよ。

スタッフさん

『データから作ったほうがやっぱりきれいにできる?』

でるちゃん
『そうですね。やっぱり文字とかラインがくっきりでるからシャープに出来ますね。』

と、話していると横では道上さんと渡辺さんはラジコンの話で盛り上がっている。

道上さん

『大きさは1/5くらいなんですけどこのサイズになるともう、本当に燃料もガソリンとオイルの混合で***

その節は、いろいろロゴのデータをいただきましてありがとうございました。来年のカラーリングが決まったときにはまたよろしく御願いしま〜〜す。

次回はぜひ開幕戦までにつくってプレゼントしたいと思いま〜〜す。

そして、しばらくして高橋さんが、

高橋さん

『HPの更新遅いね〜、全然公開されないじゃない。のりのり執筆中とか書いてあるけど。。そういえば人気投票俺も渡辺さんに結構票入れたんだよ。』

でるちゃん
『ありがとうございます。』
高橋さん

『でもすごいね。。言った事とか・・書いてあること全部覚えているの?読んでて、あぁ確かにこんな事いったなぁっって思い出すけど。。』

でるちゃん

『いや、レースの次の日か覚えているうちに内容を箇条書きにしたり、記憶のあるうちに大体は書き上げちゃうんですよ。で、後は写真の現像が上がったら写真を見ながら内容を思い出して書き足してるんですよ。』

『じゃないと覚えてられないです。』

ということで、今回の走行会体験記は急いで書き上げました。これからも読んでくださいね!!よろしくお願いします!!!

 


どきどきの同乗走行!

さてさてスタッフの人もわさわさし始めて、ドライバーの皆さんもレーシングスーツを着込んで準備を始めている。

今回はタイムスケジュールを見ると、デモカー同乗とマイカー同乗を何回も繰り返す。ドライバーさんたちは大変だ〜。

そして、最初のグループの人たちが次々とピット前に並び始めてコースインを待っている。

渡辺さんたちは最初はデモカーでの走行みたい。車に乗り込むところを撮影しようとピットの前に立っているとスタッフの方が近づいてきて、

スタッフさん

『結構時間を押してきちゃっているから、最初の方で乗れるようにしちゃうから。。ヘルメットはある?』

でるちゃん
『はい、もってきてますけど』
スタッフさん

『じゃあヘルメット持ってきていつでも乗れるように準備だけしててくれる?』

でるちゃん
『はい、じゃあヘルメット持ってきます。』

いそいで車にヘルメットを取りにいく。そして、再びピットの前に立っていると今度は高橋さんが近づいてきて

高橋さん

『でるちゃん、渡辺さんがインテのデモカーに乗り込んだら、さりげなくいっしょに乗り込んじゃって。後でだと乗れなくなるだろうから。。』

でるちゃん
『わかりました。』

といわれたものの。。いいのだろうか・・と悩んでいるまもなく渡辺さんがインテグラに乗り込んだので。。スタッフの人が手招きして乗るように指示を・・・

え〜〜い、乗ってしまえ!

でるちゃん
『渡辺さんお邪魔しま〜す。』
渡辺さん

『おぉ、乗りな乗りな!』 とヒーターのスイッチをいじりながら・・・

『暖かいよなぁ〜、、もうず〜〜っと乗ってたいよ。』

でるちゃん

『そうですよね。車の中のほうが暖かいですよね(^^ゞ』

暖かいのもいいけど私は渡辺さんとず〜〜っと一緒に乗ってたいで〜す。

そして、高橋さんと渡辺さんが、どうしようかっていろいろ話をしている。

渡辺さん

『どうしようか?みんなが出て行った後にしばらくしてから出て行くか?』

高橋さん

『でも、それでもすぐに追いついちゃうだろ?いいよ完熟終わったらそのまま行っちゃえば・・』

いったん渡辺さんが降りていって。。上着を脱いでヘルメットを持ってきた。

再度乗り込んで。。走行の準備を始めている。

高橋さん

『でるちゃんもヘルメットかぶって!そのまま行くから。。ちゃんとあごの紐もとめておいてね・・』

わたわた。。。。急がないと、、でも慣れてないからなかなか。やっとあご紐もとめてシートベルトも締めて。。。

もう参加者の車両は走り始めている。

そして、スタッフの人がいってらっしゃ〜〜いと手を振っている中、いよいよ出発!!!

まずは完熟走行から。。うわ〜うわ〜感激、、、鈴鹿サーキットをしかも渡辺さんの隣りで走れるなんて。夢みたいだ〜〜。

でも、、完熟でそんなに速度も速くないせいかすっごく長〜〜く感じる。どこがどこだがわかんないよ〜〜。

と、思っていたら見覚えのある場所が、、そうチャレンジカップの時に並ぶグリッドが見えた。

そして、メインストレートを通過し、完熟2周目、1コーナーを越えたあたりで、渡辺さんがライトをつけて、前の車とちょっと離れて全開走行に向けてタイヤを暖め準備を始めてるみたい。(だと思うんだけど・・・)

2周目ともなると、だんだんコースも分かってきたもん。

そして、参加車両が次々とピットインしていく横を通り過ぎていく。。シケインを抜けていくと・・・

渡辺さん

『行くよ〜!(^^ゞ』

でるちゃん
『は〜〜い。』

さぁ、いよいよ全開走行だ。

うわ〜〜さっきまでと全然速度が違う。でも全然怖く感じないのはなんで?速度はすっごくさっきと違うんだけど乗ってる安心感は変わらないんだよね。。

そしてあっという間に、1周目終了!2周目になると走行会の参加車両が走行を始めていたので単独走行とはまた違って雰囲気が。。次々と前の車をパスしていく。

2周目もあっという間に終わってしまった。

ピットロードに入り、お楽しみの時間も終わりが近い。

渡辺さん

『もうちょっと乗りたかったと思うけど早く戻ってお仕事しないと怒られちゃうからね(^^ゞ』

でるちゃん
『ありがとうございました。もう充分満足です!』

ピットに着くなり渡辺さんは急いで降りてスタッフとともに、参加者のマイカー同乗に向かった。

私も急いで降りて、ヘルメットを脱いで。。

スタッフの方にお礼をと思ったけど忙しそうだったので、ひとまずサインガードにいるだんなの元へ・・・

でるちゃん
『ほっちゃん、ただいま〜〜』
だんな

『お帰り、どうだった。』

でるちゃん
『うん、すっごく早かった!すっごく感激!!』
だんな

『よかったね〜!』

でるちゃん
『ところで、渡辺さんどの車に乗ってるのかなぁ・・』
だんな

『青っぽい車じゃなかったっけ?』

だんなと一緒に渡辺さんが乗っている車を探す事に・・あっ!見つけた〜〜。

う〜んでもここからだとあんまり見えない。

でるちゃん
『ほっちゃん、ピットの上に行って見てようよ〜』
だんな

『いいよ。』

ということでピットの上に移動!!

こっちの方が広い範囲で見渡せる。しばらく上から見ていた。

続く

(C) Copyright 2001-2004 でるちゃん All right reserved