2002年11月17日〔日〕≪晴れ・・≫

全日本GT選手権 最終戦 鈴鹿●


いよいよGTスタート!

そんなやり取りをしているうちに、ウォーミングアップの時間になった。

すでに渡辺さんはマシンに乗り込んでいる。。 周りのピットから次々とエンジンをふかす音が聞こえる。 そして、BOSSベルノ東海AR・NSXもエンジンがかかる。。

数回ふかした後、渡辺さんもピットを後にした・・

ウォーミングアップ走行も終わり、マシンが次々とグリッドに並んでいく。

ちょっと今回は予選クラス15番手なのでグリッドも後ろの方・・だんなと一緒に2番のパネルを目指して歩いていく。

BOSSベルノ東海AR・NSX見〜つけた!

さてさて、渡辺さんは??

・・・・いない??どこいったのかなぁ??いつもは、グリッドに行くと車の近くにいるんだけどなぁ〜〜〜。

高橋さんに聞いてみると『渡辺さんは**だよ』って。そっかぁ。。じゃあ戻ってくるまで待ってようっと。

今回は最終戦ともあって、いろんなところでスタッフの人たちの記念撮影が行われている。

そんな中で仲間に入れてもらいたかったのが『BOSSベルノ東海AR・NSX』のラジコン・・・

さりげに、実写の隣りでグリッドに並べさせてもらう。

しかしさすがに実写の隣りに並べてると小さいよなぁ、、本当に。。

アメリカンレーシングRQの方たちにも持ってもらって記念撮影!!

※RQ関係の写真につきましては、HPよりの無断コピー・2次転用はお断りします。

そして、和やかな雰囲気の中、高橋さんがラジコンを片手に渡辺さんの後ろからそ〜〜〜と近づくと・・・・・

渡辺さんの頭にラジコンを乗せている。・・・高橋さんてばおちゃめなんだから〜〜。

おまけ。。高橋さんのナイスな笑顔フォト!!


いよいよGTスタート!

そんなやり取りをしているうちに、ウォーミングアップの時間になった。

だんなと一緒にいつも見ているポイント(シケインから最終コーナー前の観客席)に移動する事に。。

そしてペースカーがピットインした。いよいよスタートだ・・まずがGT500のマシンが続々シケインを抜けてくる。

その後方から、GT300のマシンが・・・

決勝スタート!

1周目は、ポジションかわらず15位のまま・・

2周目以降は、ポジションを1つ上げ14位に上がるが。。。前の車がなかなか抜けずにしばらく14位が続く。。

周回ごとに前の車との差が開かないのでそんなに早いマシンではなさそうなのだが・・・

そして、そろそろレースも中盤に差し掛かる。スタッフの方にあらかじめピットイン周回を聞いていたので、だんなを残してピットに向かった。

ピットに着くと緊張感が漂っている雰囲気に。。高橋さんも準備をしている。

・・・・・・・ついにマシンがピットインしてきた。まずはドライバー交代。そして給油。今回は、作業時間短縮のためタイヤ交換を行わない作戦だったらしい。

マシンがピットアウトしていくとスタッフの間で歓声が上がった。私もつられて拍手をする。

そんななか渡辺さんはヘルメットを脱いで、ピットの奥へと歩いていった。

そして、スタッフの方と真剣な顔で話を始めたのでお邪魔してもと思い、だんなの元へ戻った。

 

 

 

 

 

 

そして、コース上では高橋さんが激走している。

そして、そろそろだんなもお疲れモード。先に車の中で寝ているよ〜と駐車場に行ってしまった。

その後レースも残りわずか、一台のGT500マシンがシケインでスピン! ちょっとじゃりをまきちらしたのか? その後高橋さんが通過する。

さっきのスピンの影響で高橋さんもスピンしなければいいなとカメラを構えようとした瞬間。。高橋さんもスピン!

いったんグラベルの方へ避難するがその後しばらく微動だにしない・・まさか?止まってしまった?? 少々不安に陥る中。

マシンが動き出し、再び走行を始めた。 ほっと、マシンが通過するのを見守る。

そして、、ついにチェッカーが振られた!


レース終了・・・・

渡辺さんたちは何位だったんだろう・・ピットイン直後はモニターで見たら9位だったのだが・・・ GT300クラスは、ピット以外のところでは順位の情報がわからないから。。困る。

とりあえずレースも終わってピットに戻ることに。

さてさて、、ピットに戻るか〜と連絡通路に行くと。。観客の集団があふれかえっている。

げげ。。もどれないやん!! じゃあ先に、横断幕をはずしてしまおうっと! でも、今は指定席になっている。入れるのだろうか??

警備員

『券を見せてください』

でるちゃん
『あの横断幕を取りに来たんですけど・・』
警備員

『それではすぐにはずして出てくださいね』

・・すぐにはずせれば、別に他に用事は無いのですぐにでるけども・・・

とりあえず、渡辺さんの旗、高橋さんの旗をはずしにかかる。この辺は柵の後ろから外せるから楽だもんね。

だが問題なのはベルノ東海の旗・・群集の真っ只中に張ってあるのだ・・

ひとまず表彰式が落ち着くのを待つ事に・・・・観客が数人通路から出て行ったのでひとまず旗のところまでは行くことができた。

幸い旗の後ろは通路だったのである程度の隙間が確保できたので徐々にはずしていくことに・・

やっとの思いで旗をはずし。。さてさてピットに戻るか。 でも、いつもの連絡通路はさっきにもまして人がいっぱい。。

しかたない。エントラントゲートからパドックに向かう道の方から迂回して帰ろう・・・

やっとの思いでピットに戻ってくると、スタッフのみんながすばやく撤収モードに入っている。ピット裏の方の限られたスペースの中で着々と片づけが進んでいく。外してきた横断幕をスタッフの方に渡した後、あんまり変なところに居てもおじゃまかなぁっと思い、排水溝?のところへ避難。

その頃スタンドの方ではシリーズ表彰式が始まっていた。

排水溝の中でぽけ〜〜と立っていたらスタッフの方が

『でるちゃん、せっかくだから表彰式見てきたら?向こうから見れば声も聞こえるしでっかいモニターもあるよ!』

てくてくてく。。確かに、でかいモニターは迫力がある! しばらく見学していたら、向こうに山野さんを発見!

手を振ると山野さんも気づいてくれた。

でるちゃん
『山野さんお疲れ様、お久しぶりです。今日は残念でしたね・・・』
山野さん

『チャンピオンかかってたんだけどね。残念だよ。でも仕方ないよね・・・』

でるちゃん
『来年また頑張ってくださいね!!ところで、最近私はこういうものに代わったんです。』

すかさず『でるちゃん名刺』を差し出す。

山野さん

『明さんの・・そうなんだ。僕も明さんの走りは好きだよ!ところでなんで、でるちゃんなの?』

でるちゃん
『いや〜ランチャデルタが好きなんですよ・・・』
山野さん

『そういえばIモードか何かがランチャデルタだったよね??』

でるちゃん
『そうそう携帯メールが・・』

で などと話していると、コース上では星野さんを乗せたパレードカーが目の前を通過。。

いったん、星野さんのほうを見て再び山野さんを見ると・・・???いない?

隣にいためぐさんに聞くと、 『山野さんすばやかったですよ・・・あっという間にいってしまいましたよ!』 だそうである。

そして星野さんの引退パレードも終わり、一段楽したのでひとまずガレージの方へ戻った。

すると高橋さんに声をかけられた。

高橋さん
でるちゃんもよかったらこの後ご飯でも一緒に食べない?片付け終わってからだから7時くらいからなんだけど・・
でるちゃん
はい!ぜひ行きたいです。でもだんなに聞いてみないと、、今連絡してみます。』

そして即行だんなに電話を掛けた・・

だんな

はい、もしもし』 (ちょっと寝ぼけ声で・・)

でるちゃん
『高橋さんがうちらも一緒にご飯どうって誘ってくれたんだけど行ってもいいかなぁ?』
だんな

いいけど、帰りはあんたが運転だからね。それだったらいいよ』

でるちゃん
わかった、帰り頑張るから!じゃあ行くって返事していい?』
だんな

『いいよ。』

ということで、高橋さんに

でるちゃん
だんながいいっていったんでぜひお邪魔させてください!』
高橋さん
じゃあ、サーキットにある楼蘭って中華料理屋で7時からDream28で予約入れてるから・・

そして、渡辺さんがかばんを持って、ガレージの中にいたので話しかける。

でるちゃん
『渡辺さんは、帰っちゃうんですか?』
渡辺さん

『そりゃあ、最終的には帰るよ。』

でるちゃん
『いや、そうじゃなくて、私も高橋さんにご飯食べて行きなよって誘われたんです。もちろん渡辺さんも行くんですよね?』
渡辺さん

『良かったじゃない(^^ゞ。もちろん俺も行くよ!』

でるちゃん

『私はだんなが車で待ってるのでいったん戻って後で合流します。また後で宜しくお願いしますね!!』

その後しばらくぽけっとピットガレージにいたら、高橋さんがグリッドパネル(って勝手に呼んでるけどなんていうんだろう?)を持ち歩いている。。

高橋さん
『なんかサインペンかなんかない?』

もしかしてあのパネルにサインして誰かにあげるのだろうか。。いいなぁ私も欲しいなぁ・・・

たしかかばんにマジックがあったから探して高橋さんに差し出す。

でるちゃん
『高橋さんこれ・・』
高橋さん
『ありがと!でるちゃん、これほしいだろ?渡辺さんにもサインしてもらうから・・』

って、私にくれるんですか??え〜〜〜〜、すっごいうれしすぎ。。

そして、高橋さんと渡辺さんのサインの入ったパネルを高橋さんに手渡され・・・・ うわ〜〜すっごい感激!!

感激して見てたら、とあるスタッフの人が。。。

スタッフさん
『よかったね〜〜、来年から代わっちゃうから使えないし、たぶん捨てちゃうから。。』
でるちゃん
『え〜、捨てちゃうんですか??』
スタッフさん
『そうだよ。。それにそれは去年のバージョンだし!』
でるちゃん
『え???(去年のなの?)』
スタッフさん
『だって今年のまだそこにあるよ!今年のはベルノ東海って文字が入ってるんだよ』

って指を指されたほうを振り向くと。。たしかに、、さっきまでレースクイーンたちが持っていたものが立てかけてある。

スタッフさん
『どうせなら今年のも欲しいでしょ?』

といいながら今年バージョンのも持ってきてくれた。

でも、棒などはまた使うからはずしてパネルだけにしてもらった。

『せっかくだからこっちもサインしてもらいなよ』って言ってくれたんだけど・・・

高橋さんも渡辺さんも今は真剣に打ち合わせ中で・・・とてもサインを頼める雰囲気ではない・・

そこへ監督さんが歩いてきたので。。。

『監督さん!監督さんもこれにサインしてください!!』

まずは監督さんにサインをしてもらう。 またタイミングを見て、再び2人にもサインをしてもらう。 わ〜いと喜んでいたら、ピット裏の方からパネル用の段ボール箱をもってスタッフの方が歩いてきた。

スタッフさん
『この段ボールはいらないかなぁ????』
スタッフさん
『パネルはでるちゃんにあげちゃった。』
スタッフさん
『じゃあ、これに入れて持っていったほうがいいんじゃない?』
スタッフさん
『そうだね、むき出しにして持って行ったら後ろから暴漢に教われて奪われちゃうかもよ!!』

ってことで、お片付け用の段ボールまでもらってしまった。

しかし、まだまだ7時までは時間があるし、、車で寝ているだんなも心配で・・・ ひとまず車に戻って後ほどレストランの方へ行こうかなぁっと。。

でもだまっていなくなるのも。。まずいよね。 ・ ・・でも高橋さんも渡辺さんもスタッフの方と打ち合わせ中で声掛けられないよう・・・

と、目の前を監督さんが通り過ぎたので、、

でるちゃん
『監督さん、高橋さんにお食事一緒にって誘われたんですけど。。だんなが車にいるのでいったん戻って、だんなを連れて、あとで食事の場所に行きますので・・・』
監督さん
『ぼくも、今日はNSXのイベントで集まりがあるのでそっちに顔を出さないといけないので。。でも終わるまでには顔出せると思うから・・また後で会いましょう!!』

と、ひとまずピットを後にした。


お食事・・・

そして、車でレストランの方に移動しようと思ったけど。。道路は、ど渋滞!しかたないので車の中で時間まで仮眠を取ることに・・

そして、携帯の目覚ましがなったので起きた。 でもまだ道路は混んでる〜〜。反対側は結構空いてそうだけど。。手前の駐車場からの道が動かないので・・しかたなく歩いていくことに・・・

そして、ちょうど10分くらい前にレストランに到着。さすがにまだ誰も来てないかなぁ・・・とレストランの中を覗いてみる。

するとだんなが歩いてきて『あっちの個室みたいだよベルノ東海様って書いてあったよ。』

え?そうなの?と確認しに行くと。。ほえ〜、たしかに書いてある。すっご〜い個室だ〜〜!

とりあえずレストランの入り口のところにいれば誰か来るよねってことで入り口の所の椅子に座っていた。

そろそろ7時頃かなぁっと、思ったら奥のほうから高橋さんが現れて、おいでおいでをしている。

誘われるかのように、高橋さんの後をついていく・・ そして部屋に入ると『好きなところに座ってなよ。』といわれたが。。。

う〜〜ん好きなところといわれても・・とりあえず端にしようかな?どこにしようか? と悩んでいたら。

高橋さんが座ったので。。高橋さんのすぐ隣なんて座っちゃったら照れちゃうので・・・1つ席を空けて座った。

するとすかさず高橋さんの鋭い突込みが『なんだ。ひとつ空けて、、そこに渡辺さんを座らせようかなって思ってる??』

えへへ。笑ってごまかしたけど、実はひそかに思ってたりして。。渡辺さんが横に座ったらうれしいなぁって・・・

そして、高橋さんが、来年のGTの計画のこととかいろいろお話を聞かせてくれました。

などと話しているうちに、みなさんも徐々に集まりだした。その中には渡辺さんも・・・

ビールが各テーブルに運ばれてくると、すかさず渡辺さんがビールをもってだんなに向かって

渡辺さん

『今日は帰りは運転しないでしょ?』

でるちゃん
『はい私が運転して帰ります。』
渡辺さん

『じゃあだんなさんは横で寝ていくだけだね。だったらもうがんがん飲んじゃってくださいよ。ビールで物足りなかったら日本酒でも、他の酒でも・・・』

だんな
『いえ、ビールで十分ですよ!』
渡辺さん

『そういえばだんなさんは日本酒じゃなかったんだっけ?』

だんな
『ビール以外はウィスキーか。。あとは焼酎ですね。』
渡辺さん

『焼酎。じゃあ焼酎飲んでくださいよ!!』

そして次々と料理が運ばれてくる。

渡辺さんは、高橋さんと語り合ってるので私はだんなと2人で食べるものを食べる事に・・・・

・・・渡辺さんが、高橋さんとの話が一段楽したのを見計らってずっと気になってることを聞いてみた。

でるちゃん
『渡辺さんは12月14日のインテグラの表彰式は行くんですか?』
渡辺さん

『俺は行かないよ。その日はベルノ東海の走行会で鈴鹿に行くんだよ。』

でるちゃん
『そうなんですかぁ・・・渡辺さんいないなら私も行くの止めようっと。』
渡辺さん

『今回の走行会は久々のフルコースなんだよね。』

その話を聞いていた高橋さんが。。

高橋さん
『でるちゃんもおいでよ。渡辺さんの同乗で鈴鹿フルコース走れるよ。』

えっ?渡辺さんの同乗で鈴鹿フルコース??それはすっごくおいしすぎ!!

すぐに隣りにいるだんなを説得する。

でるちゃん
『ねぇねぇ。。ほっちゃん〜〜鈴鹿こようよ〜』
だんな

『いつなの?』

でるちゃん
『渡辺さんいつでしたっけ?』
渡辺さん

『12月14日・・だからインテの表彰式の日だよ!』

でるちゃん
『あっ!そっか、そうでしたよね。じゃあ土曜日だよ。』
だんな

『来てもいいけど仕事しだいだなぁ。まだ休めるかわかんないから・・・』

そうなんだよね〜。お仕事次第ってところがポイントなんだよね。

とりあえずがんばってもらおうっと。

さてさて、宴もそろそろ終わりかなぁ。。監督さんも登場し、最後の締めのご挨拶。

お開きとなった。

スタッフのみなさんにご挨拶をして帰路に着く事にした・・・・


おまけ

今回のレースで高橋さんにいただいたグリッドパネル(っていうのかな?)は私の宝物となった。

我が家の家宝にする事に・・・

左が2001年バージョン、右が2002年バージョン。。ベルノ東海の文字が追加されている。

でるちゃんの内緒話INDEXへ

(C) Copyright 2001-2004 でるちゃん All right reserved