2002年7月28日〔日〕≪晴れ・・≫


東名の渋滞!

無事に法事も終わり、さてFISCOに向かうぞ!保土ヶ谷バイパスから東名高速を目指す!

が、しかし、『横浜町田〜厚木 渋滞8km』という表示が。。

でるちゃん
『東名はだめだ〜!厚木まで下道で行こうよ〜!』
だんな

『う〜、ちょっと遅かったね・・』

ちっ!しかたない、きっとそんなにたいした渋滞じゃないよ。と2人で祈り料金所を過ぎて、本線に合流。。

ぜんぜん流れているじゃない。

でるちゃん
『なんかすいてるね〜〜。どこが混んでるんだろう。厚木インターの付近なのかなぁ・・』
だんな

『かもしれないね。。きっと』

と、話したのもつかの間。前方の車が次々とハザードを点滅させていく・・

ぎゃあ〜!こんなところから渋滞っすか!しかもぜんぜん動かないじゃないか〜〜!!

でるちゃん
『あ〜〜んぜんぜん動かないよ〜!やっぱし厚木から乗ればよかったよ〜!』
だんな

『だね〜、家の前通って、厚木に抜ければよかったね。』

しかしいまさら次郎である。でもぜんぜん動かない、これじゃあ渋滞じゃなくて停滞じゃないか〜〜!!

しかも渋滞表示で『渋滞8km 80分!』 が〜〜ん、渡辺さん帰っちゃったらどうしよう!!

あせる気持ちを抑えても車はぜんぜん動かない。時間は刻々過ぎていく。。

ようやっとこ、車の動き出し、渋滞も解消?し普通に走行できるようになった、そして御殿場インターに到着!すでに時計は18:00を過ぎていた・・

そして、FISCOに向かう途中、BMWとすれ違うたびにだんなが、『あっ!渡辺さん。帰っちゃったよ!!』って・・・

え〜〜いうるさい!まだサーキットにいるわい!・・・(きっと)

そんなやりとりを続けているうちにFISCOに到着!でも・・・・

げげ。ゲートが全部しまっとるやん!どっから入るんじゃい!

やっぱ一番左のゴルフ場に行くゲートかなぁ・・・・

え〜〜いいったれい!

警備員

『どのような御用ですか??』

でるちゃん
『あの〜旗取りに来たんですけど。』
警備員

『あぁ〜片付けですね。どうぞ〜〜』

やっぱ、片付け。。なんだよね。でも、帰る車で渋滞する中、私たちはいったいどこへ。。

とりあえず旗を張ったところに一番近い駐車場へ車を止めて、旗の回収に。。。げ、やっぱし高橋さんのはすでにはずされている〜〜!急いで旗をはずしてだんなのもとへ・・

でるちゃん
『ほっちゃん〜!(だんなの呼び名)渡辺さんのところに行こうよ〜!』
だんな

『俺疲れたから車で寝てるよ。一人で行っておいで・・』

パドックへの通路の近くの駐車場まで行ってもらい、だんなを置いて一人渡辺さんの元へ・・・

途中コントロールタワーによって、暫定結果でも・・・と思ったけど。まだでてない。

う〜〜ん結果はどうなったんだろうか??

ひとまず渡辺さんのとことに向かおうと歩き出したら前方にえびちゃん発見!!

でるちゃん
『やっほ!ねぇねぇ結果どうだったの?』
えびちゃん

『3位に山野さんところ入ってたみたいだけど。』

でるちゃん
『渡辺さんところはどうだったの??』
えびちゃん

『だめだったんじゃないかなぁ・・表彰式で見なかったから・・・』

・・じゃあいったい何位だったのかなぁ・・

気になりつつも渡辺さんのピットへ

高橋さんは発見したのだけど、、渡辺さんの姿が見えない。スタッフの人に聞くと『なべさんはその辺散歩中じゃないかなぁ・・・』との事。

では、渡辺さんの散歩を待つ間スタッフの方に今日のレースの話を聞くことに・・・

でるちゃん
『こんにちわ。どうでしたか?』
スタッフさん

『う〜ん、よくわからんレースだったよ。セーフティーカーが、3回くらい入ってさぁ。しかもトップの車はチェッカー受けてないんだよ。』

でるちゃん
『え〜、そうなんですか。』
スタッフさん

『それに結構クラッシュしたチームもあったみたいだよ。うちは幸いにも車は無傷だったからよかったよ。』

でも、車もドライバーも無傷でよかった。

スタッフさん

『ところで、道路は混んでなかった?』

でるちゃん
『混んでましたよ〜。横浜インター乗ったとたんに渋滞しててぜんぜん車動かないんですよ、もう間に合うか心配でしたよ。。みんな帰っちゃったらどうしようかなぁって。』
スタッフさん

『そんな時は電話くれればいいのに〜〜!』

って、言われて気づいたけど。。メールアドレスは知ってるけど携帯の電話番号は知らないんだよね・・・・とほほ。

そして、ピットの奥に行くと女性スタッフの方たちに『あっ!でるちゃんが来た〜』って言われちゃいました。

なんでも、『でるちゃんこないのかなぁ・・遅いなぁ。。旗取りに来るっていってたよなぁ。。旗はずしといてあげたほうがいいかなぁ・・でもどうやって渡せばいいのかなぁ。。』なんて思って、ふっと旗を見たら『あぁ〜〜〜〜!!旗が無い〜〜!いつの間に!!』って感じだったらしいです。

御心配おかけしました。これでもダッシュできたんですよ〜〜!

そして、ピット前に監督さんとドライバー。。そしてスタッフが座り込んで今日のレースについていろいろ話し始めた。

 

しばらくしたらやっくんが来たので、昨日もらった帽子にサインもらおうかなって話したら、『いいじゃない、してもらいなよ』って一緒に渡辺さんのところに行ってくれた。

そして・・・

でるちゃん
『渡辺さん、こんばんわ〜!帽子にサインもらえます。』
渡辺さん

『お〜!いいよ』

サインをし終わって、『良かったね!帽子もらえて!』

でるちゃん
『はい!うれしいです、それに渡辺さんとおそろだもん!』
渡辺さん

『俺のはベージュだよ(^^)』

で、高橋さんにもサインをもらおうと思ったんだけど、監督さんと一緒にタワー?(写真参照)の上に上がっていて・・・降りてくるのを待っていた。

しばらくして高橋さんが降りてきたので帽子にサインを頼むと・・・

でるちゃん
『高橋さん!こっち側にサインしてください!!』
高橋さん

『俺はついででしょ?』

って、そんなことないですよ!!高橋さんも応援してますよ!!がんばってください!

そんなこんなやっているうちに、車両保管が解除になった。(もう真っ暗の中レースカーが帰ってくる・・)


うれし、はずかしなべさんのBMW

そろそろ夜も遅くなってきたし、だんなの所にもどらないとまずいかなぁ・・・ってことで、渡辺さんに御挨拶を・・

でるちゃん
『渡辺さん、それではそろそろ・・・』
渡辺さん

『おいおい、もうすぐ9時だよ大丈夫?だんなは何してるの?』

でるちゃん
『駐車場で寝てます。』
渡辺さん

『寝てるったってそろそろ帰らないとまずいでしょ。』

でるちゃん
『うん、だからそろそろ帰ろうかなって。渡辺さん来週はインターSUGOですよね!がんばってくださいね!』
高橋さん

『SUGOも行くの?』

でるちゃん
『えへへ、、行きたいんですけどね。。十勝とGTで連続しちゃってるしぃ〜〜、いまどうやっておねだりしようかなって考えてるところなんですよ。』
高橋さん

『あんまりわがままばっかりいってると、そのうち切れて怒られるぞ〜〜!』

でるちゃん
『う〜〜ん、そうなんですよね。。さすがに3週続けては。。半分あきらめてますけど・・』
渡辺さん

『無理しないで、いいからね。』

さすがに、もう戻らないと限界かなぁって思ってたら渡辺さんも・・

渡辺さん

『俺もそろそろ帰ろう!』

って、、スタッフの皆さんに挨拶を始めた・・

そして私も、『それではお先に失礼しま〜〜す。』って御挨拶をしたらすかさず高橋さんが、、『なべさんいなくなったらいてもしょうがないもんな』って。うっ!見透かされてる・・

とりあえず渡辺さんと一緒にピットを後にした。

でも。。ちょっとこれから一人で裏の駐車場まで行くのは寂しいかなぁっと思ってちょこっと勇気を出して渡辺さんに聞いてみた。

でるちゃん
『渡辺さん、帰りがけにちょこっと駐車場まで乗せてってくれたりしちゃったりします??』
渡辺さん

『いいよ。乗ってきな、どこの駐車場に止めてるの?』

でるちゃん
『スタンドの裏の一番出口に近いところの駐車場なんですけど。。』

きゃああ、やった〜!うれしいぞ〜!憧れのわたなべさんのBMW!!助手席に乗れるなんて夢みたいだ〜〜!

もうドアを開ける手がふるふる震えちゃって、、どきどき。

でも、車の中で渡辺さんが、お話しするのはだんなのことばかり。
渡辺さん

『だんな怒ってるんじゃないの〜?大丈夫か?』

でるちゃん
『とりあえずさっきメール来てもうちょっと待っててとはいったんですけど。』
渡辺さん

『ちゃんとだんなもかまってあげないとだめだぞ。』

でるちゃん
『大丈夫です!レース場では渡辺さんオンリーですけど、家に帰ったらちゃんとかまってますから。それに家の掃除やご飯もちゃんと作ってますよ!だって家のことをしっかりやっておかないとこういうとき出かけられないですよ。』
渡辺さん

『だろうぁな。でも、いつも連れてきてくれるんだからだんなには優しくしてあげないとだめだよ。』

でるちゃん
『は〜〜い。』

でも、楽しい時間はいっつもあっという間にすぎちゃうんだよね。。駐車場に到着しちゃいました・・

渡辺さん

『駐車場はどこ?』

でるちゃん
『あっ!そこの駐車場です、入ったところの・・・あっ!あの車です。』
渡辺さん

『じゃあ気をつけて帰るんだよ。』

でるちゃん
『は〜い!渡辺さんも気をつけて帰ってくださいね。週末のインターがんばってくださいね!』

・・・・もう、なぁんか夢見てたみたいで。今起きたことは現実なのか〜〜??

渡辺さんがUターンして駐車場を後にした。。

でるちゃん
『ほっちゃ〜〜ん、今ね〜!渡辺さんに送ってもらっちゃった〜〜!!』
だんな

『今の渡辺さんだったの?どっかのおねぇちゃんかと思った。。』

でるちゃん
『違うよ〜!BMWだったでしょ?渡辺さんだもん!』

渡辺さん、御疲れのところわざわざありがとうございました〜〜!インターSUGOもがんばってくださいね!

 

・・・・なんか十勝に引き続きとっても幸せな日々が・・・

きっとSUGOでは渡辺さんが表彰台の一番高いところに立っていると思います!

でるちゃんの内緒話INDEXへ

(C) Copyright 2001-2004 でるちゃん All right reserved